サッカークラブの移籍金

移籍金

世界中で人気の高いサッカーは、世界でも最もプレイヤー人口が多いスポーツとしても知られます。プロリーグのクラブに所属する選手に限定しても膨大な数のプレイヤーがいますが、近年では交通網の発達や環境面の整備から、国外へ活躍の場を求める選手も多くなってきています。サッカー選手が他のチームへ移籍する場合、所属するクラブとの契約内容によっては移籍金が必要になります。

近年、特にヨーロッパのクラブ間で、この移籍金の額が高騰してきており、サッカー界の話題を集めています。ヨーロッパ、とくに四大リーグはこれまでも、世界中から才能溢れる選手を獲得してハイレベルなリーグを維持してきましたが、最近ではかつてレジェンドと呼ばれた世界的な名選手を上回る移籍金が10代の若手選手に支払われることもしばしばあります。その背景には資金力の増加があり、クラブのオーナーが世界的な富豪に変わったことで豊富な資金を得て、次々と補強をして、プレミア中位のチームからチャンピオンズリーグの常連になったチェルシーやマンチェスター・シティのような例もあれば、インターネットや衛星放送の発達により世界中に試合の中継を配信できるようになり、その分高まった放映権料がチームに分配されるなどした例もあります。

近年の移籍市場を賑わす莫大な金額のオファーですが、実際にそうして話題になったチームはその補強そのものが上手くいったかどうかは別として、戦績面ではもちろん興行面でも成功を収めていることが多いのが特徴です。

サッカーボール

サッカークラブの資本力

資本

選手の年収やホームスタジアムなどの設備、選手を取り巻く環境は、クラブによってどうしても格差が発生しがちです。巨大なスポンサーがついていたり、資金を潤沢に持っている場合はリッチな環境が提供されますが、同じサッカーリーグであってもクラブの資本力が低く、細々と活動しているという例も少なくありません。試合の質は所属するクラブの資本によって決まるわけではないとはいうものの、やはり資金のあるチームが高い年収で優れた選手を獲得し、リーグの上位に上がっていくのが現実です。

しかし中には自分が所属する場所に愛着を持ち、報酬は度外視でチームに残り続ける選手もいます。頑張り続けた場所に愛着を持つのは選手だけではなく、サポーターも同じでしょう。設備が貧弱でも、負け続けていても、自分がこれと決めたチームの応援を続けるのは、そのチームが好きだからです。

サッカーの面白さは、資金のあるチームが必ず勝つとは限らないという面にもあります。勝負はコートで決まり、そこにお金の力は関係がないのです。一流の選手をたくさん揃えたチームを応援するか、手作り感のある親しみやすいチームを応援するか、選ぶことができるのもサッカーの面白さです。

チームメイト

ブックメーカーは貴重なスポンサー

日本ではあまり知られていませんが、ブックメーカーとはスポーツの勝敗予想をする世界的に流行っている賭けです。ルールやオッズはスポーツによって異なっています

1番人気があるスポーツはサッカーで、最もシンプルな賭け方は、試合結果について賭けるというものです。AチームとBチームが試合をして、どちらのチームが勝つのか、それとも引き分けになるのかを予想します。引き分けに対して賭けられることもあれば、引き分けになった場合には払い戻しがされます。

ブックメーカーはイングランドプレミアリーグのクラブ等のスポンサーになっています。サッカークラブにとって、ブックメーカーは貴重なスポンサーです。

サッカー ブックメーカーでは「ファーストゴール」といって、どちらのチームが先に得点をするかを予想するゲームもあります。他には、コーナーキックの総数をあてるゲーム、両チームの得点を正確にあてるゲーム、ゴールの数が決められた数値を上回るか下回るかをあてるゲームなどサッカーではオッズの種類がとても多いです。

最終的なスコアを予想するのは、予想を的中させることがとても難しいです。例えば、「3-5」でAチームが勝つといったものですが、倍率は高くなっているので、もしも的中させることができれば払い戻し金額は大きくなります。

ブックメーカーでは運の要素はありますが、スポーツに対してたくさんの知識を持っている人が有利です。

サッカークラブにとって、ブックメーカー会社のスポンサー資金は、補強費やスタジアム維持費などに使われています。